• 山田亮

メジャースケール(長音階)

最終更新: 4月12日



音を並べて出来る、音階というものがあります。

その中の一つに、メジャースケール(長音階)というものがあります。

これはなんでも良いので好きな音からはじめることが出来ます。


例えば、レからはじまるメジャースケールを作るとこのようになります。


1 レ

2 ミ

3 ファ♯

4 ソ

5 ラ

6 シ

7 ド♯

8 レ


メジャースケールには半音になる場所が二ヶ所あります。


3番目の音と4番目の音の距離が半音。

7番目の音と8番目の音の距離が半音。


それ以外の隣合う音の距離は全音です。

たとえば1番目の音と2番目の音の距離は全音。


(半音と全音についてはこちらの記事に書きました。)



ミの音からメジャースケールを作るとこのようになります。


1 ミ

2 ファ♯

3 ソ♯

4 ラ

5 シ

6 ド♯

7 レ♯

8 ミ


3番目のソ♯と4番目のラの距離が半音。

7番目のレ♯と8番目のミの距離も半音。

それ以外の隣合う音の距離は全音です。



ドから作るとこうなります。


1 ド

2 レ

3 ミ

4 ファ

5 ソ

6 ラ

7 シ

8 ド


3番目のミと4番目のファの距離が半音。

7番目のシと8番目のドの距離も半音。

それ以外の隣合う音の距離は全音です。


全て白い鍵盤の音になりました。

ドから始まるメジャースケールが1番覚えやすいですね。



メジャースケールは非常に大事なものです。

音楽のいろいろな考え方の基礎になっています。


どの音からでもスラスラと作れるようになりましょう。

3番目の音と4番目の音の距離が半音。

7番目の音と8番目の音の距離が半音。

それ以外の隣合う音の距離は全音です。



2回の閲覧

©️KKM音楽教室 2019